カジュアルな着こなしの中にも上質なアイテム

50代とはいってもまだまだ気持ちは40代。体力は落ちたもののシニア向けの服やアイテムはまだ選びたくない。今までの服も着られるし、年齢とアイテムの選択は若い頃からさほど変わらない人も多く持ってるものは昔から愛用してるものばかり。しかしもう見た目はすっかり落ち着いている。昔好きだったブランドの服が捨てきれずつい手を伸ばしてしまうが、今の顔や雰囲気と若者向けのシルエットでは無理がある。若作りするとよけいに老けて見えるのは男女一緒だ。

しかし好きな服装はいきなり変えられるものでもなく、使ったこと無いアイテムを揃えても着こなせなければオシャレに見えない。いつもの雰囲気そのままに50代の年齢にあうオシャレにするには、アイテムの質をあげることだ。
ファストファッションは確かに安くて手軽で誰でも着られる。しかし質となると価格相応、型くずれやくたびれ感も出るのが早い。服の襟や裾がくたびれているとそのまま顔や雰囲気に反映されてしまう。体型も変わるし白髪も増え肌の質感も若さは取り戻せない。若かった自分の好みを持ち続けたいのであれば、アイテムの向上を目指してみるのもオシャレに見えるコツだ。

50代、年齢を重ねた実績をチープなアイテムで失わせてはもったいない。服でも鞄でも若き日の思い出の物を持つのもいいが、ときにはワンランクアップしたものを取り入れてみると気持ちにも緊張が生まれる。そしてそれが似合っていると自信を持つことも大事だ。